相続にも決められている様々な期限と判例

法律には期間や期限などという、時間を設定する項目が添えられていることがあります。

その時間を過ぎてしまうと、権利などを失ってしまったりすることがあるわけです。

これは相続に関しても同じことで、手続きや税金の納付まで期限が設定されているわけです。

一番最初に訪れるものが、相続をするかどうか、その方法はどうするのかという選択です。

この期間は被相続人の死亡にあわせ、相続が開始されたことを知った時点から3カ月以内となってきます。

とても重要な期間で、この間に相続人などの調査もしなければいけませんし、財産の確認もしなければいけません。

さらに、分配が決まってから税金の支払いということが出てきます。

相続税に関しては、相続開始から10カ月以内と決められており、これを超えると様々なペナルティが発生します。

特に申告漏れなどがあった場合に、この期限が過ぎているか否かで加算税などが変わります。

余裕を持った申告が必要になってくるというわけです。

実はこの期限に注意すべき点があります。

それは、相続開始を知った時点からという部分であり、この期間内で熟慮したがまだ時間が足りない場合には延長するする手続きがとれます。

さらには、最高裁の判例で、自分が相続人になったことを知らずに過ごしていた場合に、その相続開始を知った時点から起算すべきという判決があることから、相続人の死亡時点から起算するわけではないという部分もあるのです。

ただし判例ですので、誰でも同じ判決が出るわけではありません。

相続手続きには期限が設けられているので、注意!

人が亡くなり、葬儀が終わった後にやらなければならない相続発生後の手続きには、期限の設けられているものがありまして、期限内に行わないままでいますと不利益を被ってしまうことがありますので注意が必要となってきます。

期限が設けられているものの中には、早めの対処が必要になってくるものもありますので、葬儀が終わってからは早々に相続人の確定をする必要となってくるのです。
まず三ヶ月以内にやらなければならないことの中には、借金などが多い場合にできる相続放棄、借金の額がわからないときに財産の範囲内で借金を承継する限定承認となっております。

                    
4ヶ月以内には所得税準確定申告と呼ばれている、故人が死亡した場合に1月1日から死亡の日までの所得を、途中で句切りをつける意味で行う確定申告をする必要があります。
相続税の申告と納付は10ヶ月以内にする必要があり、遺産分割協議をそれまでに整わせておくことが必要となってきますので、遺産分割協議も10ヶ月以内に行う必要があるということになるのです。
最低限の相続分である遺留分よりも少ない財産しかもらうことが出来なかった場合、遺留分を侵した相手に対して1年以内に遺留分の減殺請求を行うことができて、その分を取り戻すことができるようになっています。

相続の手続きと期限について

                    

財産の相続には、いくつかの手続きが必要になります。また、それぞれ「期限」というものが存在します。
ある程度期限を把握しておくことで、相続をスムーズに解決できまた借金などのもしもの場合でも非常に役に立ちます。
ここでは、相続の破棄や相続税の申告、遺留分などの手続きの期限について簡単に説明しましょう。
まず、1.相続破棄する場合。亡くなった親族に借金がある場合、「相続を放棄」することで借金をなかったことにすることができます。
この場合の期限は、<3ヶ月以内>。この期間中に家庭裁判所に申述します。
同じ3ヶ月以内の手続きに「限定承認」というものもあります。
限定承認は、正の財産の範囲内で負の財産を承認することで、「単純承認」というのもありますが、この場合被相続人の財産すべてを制限なしに承認することを言います。
これらすべては、相続が開始されてから3カ月以内に申述しなければいけません。
続いて、2.相続税の申告(納付)の場合。
被相続人の遺産に対しかかる相続税は、開始された日から10カ月以内に申告・納税する必要があります。
ただしその他の納税方法や延納などは、10ヶ月までに申請書を提出し、許可を受けなければいけません。
最後に3.遺留分の減殺請求の場合。
1年以内になります。万が一、遺言で遺留分未満の財産しか貰えない場合、遺留分を侵した相手に対し1年以内にこの請求を行うことができます。
そうすることで相続を取り戻すことができます。
ほかにもさまざまな手続きや期限があります。
分からないことなどありましたら、専門家に聞いてみると良いでしょう。

財産の相続に関する様々な期限

人が亡くなり、その人の財産を相続することになった時、多くの場合、まだまだ悲しみの渦中にいることでしょう。
ですが、こうしたことに関することにも「期限」というものがあります。

「悲しみに浸る時間もないのか…非情な…」とお怒りになる方もいるかもしれませんね。
人間は感情で動く部分もありますから、ごもっともではあります。
ですが、この期限を守らないと手痛いしっぺ返しがくることもあるので、そこは理性を持ってぐっとこらえるしかありません。

まず、人が亡くなった場合、遺言の確認をする必要があります。
これによって相続人を決定するわけです。
そして最初にくるのが3ヵ月以内の手続きである「相続放棄」と「限定承認」。これは必要に応じて行う必要があります。
次は4ヶ月以内に行う「所得税純準確定申告」。
立て続けにこんなに…と多くの人が思うでしょうね。
悲しみや苦しみ、痛みに泣く間にも時間は刻々と過ぎていきます。身近で大切な人が亡くなればなおさらそれは強いものでしょう。

ですが、多くの期限が設けられたものは相続人たちを守るためのものであることを理解してください。
10ヶ月以内には「相続税の申告・納付」が必要です。
1年以内には「遺留分の減殺請求」。

いろいろな手続きがありますから、何の知識もないと動くに動けません。
そういうときこそ専門家を頼りにしましょう。
しっかりと期限を守って行動できるように、スムーズな行動ができるように、専門家に相談することをオススメします。

期限があるからこそ。

人にはじつに様々なタイプの人がいます。

会社でデスクが近くの方々を観察していると・・・色んな事が見えてきます。

仕事をする作業の様子は日常によくある光景ですから考えやすいのではないでしょうか。

以下のタイプの人が浮かびました。

・期限を設定されて早目に与えられた仕事を終了させて、余裕を持たせて時間を確保。後は何かのトラブルに備えておくかその他に頭に浮かんだ企画などを進めて行くタイプ。

・最初に作業計画を立て期限通りに仕事を終わらせる。途中はのんびり過ごす事やリフレッシュなどの余暇に当てる。

・待ち合わせの時間すら守れない。

どのタイプもすぐ隣に居そうですね・・・。

「待ち合わせの時間すら守れない」くらいルーズな人はお話にもなりませんが、上の二つのタイプを見てみますと「期限」というものが決まっているのでメリハリがある様子です。

「せっかちさん」「のんびりでマイペースで本当に大丈夫?」と一長一短はあると思われますが相続の話し合いも相続税の申告書を提出する「期限」があるからこそダラダラする事もないと考えられます。

話し合いが長引く原因のトップに来そうなのは「意見のぶつかり合い」のようにも思われますが・・・皆様、いかがです?

最初の混乱を避ける遺言書。

前回のエントリーでどうやら「遺言書」の有無によって手続きがスムーズに進むかどうかが変わってくるように思われます。

それにより、「相続人」が決定する事もわかりました。

「相続の期限」が節目ごとにありますので財産の行方をある程度は予測が必要かと。

訃報は突然やってくる事もあります。

年齢の順に命が尽きるというわけではございません。逆に若年層だから相続させる財産が少ないというわけでもありません。

「万が一」に備えることを考慮してもその時の混乱の対策を練っておくことが大切なようですね。事前に用意できるもののひとつとして遺言書で、一定の決まりごとを守れば作成する事ができます。

例えば・・・。

「全文が自筆であること」鉛筆書きは不可。ワープロなども無効です。

「タイトルは遺言書でなくてはならない」「作成日を明記すること」などです。

まだまだ他にもありますが、それについては専門家におたずねいただくのが一番分かりやすいかと存じます。

相続手続に期限があるの?

葬儀が終わると、相続手続きを開始しましょう。期限が決まっているので早いに越したことはありません。では早速・・・。

・・・ええ??ちょっと待ってください。私たちは家族を失った悲しみにひたることすらできないのですか?

もう少し待っていただけませんか。せめて初七日までは・・・。

はい、わかりました。では、遺言書はございますか?その確認からさせていただきます。

・・・と、なるのではないかと思われます。最初に確認しなくてはならないことは遺言書の有無なのです。

つまり、個人の財産を受け取る人(相続人)を決定しなくてはなりません。そこからすべてが始まるわけですね。

人の感情(悲しみやつらさ)とは関係がなく無情にも流れて行くのが時間であり、その時間は本当にあっという間に過ぎてしまいます。

一番近い期限の手続きは、人が亡くなって3か月以内に「相続放棄」「限定承認」というものがございます。

その後、4か月、10か月、1年以内にそれぞれの節目を期限とした手続きがあります。

つまり、喪が明ける頃までにご遺族は慌ただしい日々が続くことになります。書類を集めるだけでも大変な手間ですね。

それは、相続が発生した時にすべて行うわけではございませんが、順序として覚えておいていただけると、後で専門家に相談する際に何から質問していくと良いのか分かりやすいかと存じます。ぜひご活用ください。

その内容についてはまた後日書かせていただきたいと存じます。

相続手続の期限とは?あなたを助ける手続きの進め方!

ひとことで、「財産相続」と言われても実は手続きについては内容によって期限があります。

葬儀のあとで最初にまずやらなくてはいけないことは、「遺言」の存在を確認することです。

それにより相続人を決定します。

3か月以内が期限の手続きとしては、必要に応じて「相続放棄」と「限定承認」。

4か月以内に「所得税準確定申告」。

ちょっと待ってください・・・。そんな急に色んなことがあるのですか?

・・・という声が聞こえてきそうです。

何ということでしょうか。とても慌ただしく、悲しみ泣いている時間はあるのだろうかと思うほど無情にも思える時間が過ぎていくことになります。

その気持ち、とてもよくわかります。特に身近な大事なかたが亡くなった時に平静でいられるような方はほとんどいらっしゃらないと思われます。

ところが、期限を守らなくてはならないこの無情にも思えるような手続きは相続する方々を守るためのものです。

10か月以内にやらなくてはいけないことは、「相続税の申告・納付」です。

1年以内には「遺留分の減殺請求」をしなくてはなりません。

これらの手続きに関しては、相続人が全員で行うよりもむしろ専門家に相談し手続きをした方が一番スムーズかと考えられます。

人が亡くなって1年。悲しみは癒えているのでしょうか?

その間に、遺された人たちはもめごとにならないかと気を揉んだり、話し合いが続いたりしてお疲れになるかと思われます。

せめて円満でスムーズな財産相続を行いたいものですね。